NANAシステム開発 株式会社
STAFF BLOG

生産現場の入力に革命!?

「空中超音波触覚インターフェース」と「偏光グラス」の
二つの記事を読んでいて、生産現場の入力に革命が
起こるのではと、妄想しています。

1.作業者が、偏光グラスのゴーグルをつけます。

2.ほかの人には見えない画面を何もないところに開きます。

3.映像に合わせて「空間超音波触覚インターフェース」で
ボタンを押した感触を再現したら…

何もないところが、
生産現場の実績登録PCになるのでは!?
ゴーグル一つで生産の実績登録が出来るのは、
現場の人にとって、すごく良い事ではないでしょうか?

「空中超音波触覚インタフェース」とは!

何もないところに何かがあるような感触が
出来上がる夢の装置です。
超音波をある空間に焦点を結ぶように集めて
「音響放射圧」と呼ばれる圧力を作って
感触を再現するようです。

https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1511/24/news069.html
参照:MONOist

「偏光グラス」とは!

実は、あなたのPCもスマホも、
画面は真っ白なことを知っていますか?
偏光グラスを通して真っ白なPCの画面を
見ると、映像が見えるようになるんです。
液晶パネルの表面には、
発生した光を正しい色で表現するための
偏光グラスが実はついています。
偏光グラスが無いと液晶の光が、
全部混ざってしまい、
真っ白になってしまいます。
混ざってしまった白い光を、偏光グラスを通して見ることで調整されて、普段見ている画面を見ることが来るということです。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/24/news109.html
参照:ねとらぼ

この二つの技術を使うことで、皆さんの夢が実現できる。 

カモしれないですね。